LionのSpaces設定

MacBookAirでいろいろと設定中なんですが、発見するのにえらい時間かかったのでメモ。

Spacesはこんなとこにあるんですね…

LionはSnow Leopardからアップグレートしか知らず、MacBookAirは最初っからLionです。今回は、クリーンな状態からスタートさせたかったのでTime Machineから復元を使いませんでした。
普段Windowsな環境でのレイアウトチェックにはVM Wareを使っているのでSpacesで分けて使っていました。 早速環境作りでSpacesの設定をしようとシステム環境設定を開くと…

5003e3eae7e35c1ddf13632f4d93a9a7
あれ?確かあったはずだけど…

 

無い…ExposéとSpacesの設定がない…(^◇^;)
困り果てて取りあえずスワイプして見ると、そこに隠れていました。

capture_1-1024x640
カーソルを持って行くとひょいっと現れました…コレにどんだけ時間かかったんだよ…^^;

 

ちゃんと調べればすぐにわかったのかも知れませんが、Snow Leopardから移行した僕としては気づきませんでした。わかってしまえばとても便利だと思いますが…^^;