第24回日本義肢装具士協会学術大会参加中

RHEO KNEE 3のモデルとして参加中っす!!

第24回日本義肢装具士協会学術大会
会場 : 福岡コンベンションセンター

寝坊で遅刻 ( ꒪⌓꒪)

…前日つい4時まで起きてて、気がついたら目覚まし2個を無意識でスキップ。。
パシフィックサプライの方から電話で起こしてもらうという大失態からスタートしました…。。。

僕の出番(RHEO KNEE 3のデモ)には間に合ったのですが…ホントに申し訳なかったです。。

会場は大盛況!!

朝は関係者が多かったけど徐々に来場者も増えて大盛況!!

僕の出番は朝で終わって、後はブースで来られる義肢装具士さんの質問に答えたり、デモして見せたりしてました。

ランチョンセミナーも満席&立ち見が出るほどで、義肢装具士さんや、その卵の学生さんも多数参加されてて、アツかったっす。

シンポジウム 「復興支援と義肢装具士」を聴講

タイムテーブルはこちら

災害時の義肢装具士の活動報告や、今後の義肢装具士はどうあるべきか?な内容でした。

中でも、ネパール、中国の地震時の話はとても考えさせられるものがありました。

僕は今回、RHEO KNEE 3といういわゆる最先端の技術で作られている義足のデモをしているわけですが、災害時や、資金のない地域の義足は、最低限の費用で作らなければ継続的なメンテナンスが必要な義足の場合、結果的にユーザーが苦しい思いをするという話を聞いて、なんとも言えない気持ちになりました。

とはいえ、恐らくメーカーは最先端の義足は開発する必要があって、且つ、こういった活動も必要なんだなと。

Minimumなのか、QOLなのか。。

シチュエーションによりけりなのかも知れませんが、自分にできることを一生懸命やらねばと強く思う次第でした。

明日も続く

明日も学会に参加します。
ってなワケで明日も気張ります 😀

気になったアイテムなど

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA