iCloud Driveのファイルを削除できない…

発端はiCloud Driveを使っていると、birdっていうプロセスが常に100%超えになってしまって、ファンが回りっぱなしになるという症状。

ググってみると、どうやらbirdプロセスはiCloud Driveが有効になっていると動いているっぽい。同期とかやってんのかな。。

特に何もしていないのにMacの動作が劇的に遅くなる時はiCloud Driveを疑え! – Macの手書き説明書

確かにシステム環境設定 > iCloud > iCloud Drive のチェックを外すとbirdプロセスも治まりMacも静かになった。

その後、iCloud.comにブラウザからアクセスし、iCloud Drive内のファイルを削除していった。しかし、Worksフォルダだけが何故か削除できない。
正確には、一見削除できたように見えて、しばらくすると、戻ってくるのだ。

しかし、iCloudストレージを200GBにしているので、使わないのは嫌だ!!
って事で、AppleCareに電話して聞いてみた。

やっぱり消えない

サポートに俺のiCloudアカウントにログインして確認してもらうことにした。(電話口で許諾)。
同じ現象が確認できましたとのことで、サーバ担当に変わった。自分のMacでiCloud Driveを有効化すると、iCloud Driveは空。しかし、iCloud.comから見るとまだファイルが残っている状態…と言うことで、どうやら正しく同期されていない様子。。

結局、担当者に直接フォルダを削除してもらうことになりそう。
結果は11/1以降になるらしい。
元々”Works”というフォルダ名だったけど、担当者が”削除してほしいフォルダとファイル”と名称変更してた ↓↓。

sshでアクセスできるようになれば良いのになぁ…

もともとWorksというフォルダ名だったけど、担当者が引き継ぎ?かなにかでフォルダ名変えてた。
もともとWorksというフォルダ名だったけど、担当者が引き継ぎ?かなにかでフォルダ名変えてた。

その後のiCloud Drive

書くの忘れてた。。
結局、担当者の話だと、多階層のフォルダがあると、バグ?なのか、消せなくなるそうで、システム担当の方が直接削除で解決でした。

その後、birdプロセスが張り付くこともなくなり、問題無く使えてます。
しかし、階層深いと消せなくなるって聞くと、少し気ぃ使っちゃいますね…。。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA