Post Notifier プラグインの使い方 (IFTTTとの連携)

Throw to Twitter

Post Notifierを使ってFacebook Page, Twitterへアイキャッチ画像付きでシェアできるレシピを共有してみます。

プラグイン申請してみた。

IFTTTへ送る場合

Twitterへ投げる場合、wp_mailで添付するファイル(attachment このプラグインでは画像)はフルパスで、Facebookへ投げる時は絶対パスだったので、画像は一つだけど2パターン用意して出るようにしてます。

Facebook Page用

IFTTT Recipe: Throw to Facebook Page connects email to facebook-pages

Twitter用

IFTTT Recipe: Throw to Twitter connects email to twitter

Post Notifierでの設定

post_notifier_settings_panel

  • メールアドレスを設定

    送信先メールアドレスに、 “trigger@recipe.ifttt.com”を設定。
    カンマ区切りで複数追加可能なので、確認のために自分へ送ってみたり

  • 投稿タイプを選択

    デフォルトの投稿(post)、固定ページ(page)、カスタム投稿タイプがあればカスタム投稿タイプを選択できます。

  • 送信元メールアドレス

    admin_emailではなく、独自に設定します。IFTTTへ送る場合、IFTTTアカウントのメールアドレスを。
    ここは空欄の場合、admin_emailで送信されます。

上記レシピと管理画面の設定で投稿を公開と同時にIFTTTへメールを飛ばし、IFTTTから各SNSヘ投げることができます。予約投稿ももちろんOK 🙂
アイキャッチ画像があればアイキャッチ画像付きで飛びますよ。(ただしアイキャッチ画像は、デフォルト/wp-content/uploads/ 配下)に限られます。。
uploadsディレクトリ以外に変更されている方は画像飛ばないっす。。

これ修正できれば良いんですが…(^0^;)
アイキャッチ画像のフルパスの取得方法がいまいちなんですよね…。。

<?php
if ( has_post_thumbnail() ) {
  $post_thumbnail_id    = get_post_thumbnail_id( $post->ID );
  $post_thumbnail_datas = wp_get_attachment_image_src( $post_thumbnail_id, 'full' );
  $attachments[]        = esc_url( $post_thumbnail_datas[0] );
  
  /**
   * If use ifttt and throw twitter with attachent, must get full path of post thumbnail...
   */
  $upload_dir = wp_upload_dir();
  $basedir = $upload_dir['basedir'];
  $for_full_path = esc_url( $post_thumbnail_datas[0] );
  $for_full_path = explode( '/uploads', $for_full_path );
  $full_path = $basedir . $for_full_path[1];
  $attachments[] = $full_path;
} else {
  $attachments[] = '';
}

若干強引にフルパス作ってる感…(^0^;)

投稿本文も

実は投稿本文も送れるんですが、日本語の場合、WP Multibyte Patchが有効化されていると、Twitterでは本文(マルチバイト)が文字化けするので、今のところ外してあります。

WP Multibyte Patch | EastCoder;

デフォルトで標準的な設定値が割り当てられるようになっています。これらの設定値を変更する必要がある場合は、wpmp-config-sample-ja.phpwpmp-config.php に変名し内容を編集してから下記のように配置してください。(WP_CONTENT_DIR を変更している場合はその中に置いてください。)

WP Multibyte Patch | EastCoder;

↑↑ 上記wpmp-config.phpがあって、かつ、

$wpmp_conf['mail_mode'] = 'UTF-8';

となっていれば、文字化けは起きません。
プラグインからこの設定を変更する方法がわからない所っす。。…(^0^;)

※このプラグインは止める気は全く無いっす。ってか、このプラグインのおかげでファイル名など何も気にせず快適に使えてるんですもの :) 感謝っす!!

将来的には

とりあえず、記事を投げられるようにしたかったので申請しましたが、各記事毎にメールを投げる・投げない設定を追加したいです。
雑記など特にシェアしたくない場合もありますもんね (^0^;)
あとは、各記事毎にコメントを入れるとか。。Jetpackと同じっすね…。。

IFTTTを使ってFacebook, Twitterへ投げるだけじゃなくて、特定のメールアドレス(複数可)へ直接メールを送ることもできるので、メルマガっぽい使い方ができるようにしたいなぁとか、下書きのリンクを管理者へ送るとか、あれこれできそうだなぁと一人ワクワクしてるところですw

プラグイン公開しました。Post Notifier

WordPress › Post Notifier « WordPress Plugins

これは、投稿を公開した際、指定したメールアドレス宛てに投稿情報(タイトル、URL、アイキャッチ画像)を送信んするというシンプルなプラグインです。

…ヘッダ画像はまだだけど。。

インストールして有効化後、ダッシュボード > 設定 > Post Notifierと進むと、

スクリーンショット 2016-01-10 1.54.06

このような設定画面が、出てきます。

  • メールアドレスを設定
    送信先のメールアドレスをカンマ区切り
  • 投稿タイプを選択
    どの投稿タイプで使うか?(公開後メール送信したいか)
  • 送信元メールアドレス
    admin_email(設定 > 一般 > メールアドレス)以外を使用したい場合は入力

それぞれ設定保存すると、選択した投稿タイプの記事を公開したタイミングでメールを送信します。
アイキャッチ画像は添付ファイルとして送信されます。

良かったら使ってみてください〜 🙂

プラグイン申請してみた。

タイトル通り。

marushu/post-notifier

きっかけ

Jetpack by WordPress.comの共有でFacebookとTwitterへ投稿をシェアしてたんですけど、たまにコケたりFacebookには改行無しでだだーーっと本文載っかったりしてたので、IFTTTを使ってみたんです。

それと、複数サイトを同じWrodPress.com アカウントで管理してると、FacebookページやTwitterアカウントがなんとも辛くなってしまったりで、そこら辺も要因っす。

IFTTT(イフト)とは「レシピ」と呼ばれる個人作成もしくは公に共有しているプロフィールを使って数あるWebサービスFacebookEvernoteWeatherDropboxなど)同士で連携することができるWebサービスである。開発したのはリンデン・チベッツで[1]2010年にスタートした[2]

IFTTT – Wikipedia

FacebookやTwitterとの認証をIFTTTにやってもらう感じです。大変便利っす 🙂

IFTTTには既にWordPressと連携するレシピが沢山あったんだけど、例えば、

など。スゲー沢山。
どれも便利でいいんだけど、記事を公開した後、少し遅れちゃうんすよね…。。いや、せっかちなつもりはないんだけど、記事公開したら直ぐ出て欲しいじゃぁないっすか…(^0^;)

トリガーがメールだと即反応する 🙂

あれこれ試している内に、ifがメールだと、かなり反応が良いことがわかりまして、まぁ当然と言えば当然なんですが、トリガーをメールにして、記事を公開したと同時にIFTTTに記事情報をメールできれば、直ぐfFacebook, Twitterと連携できると思ったんです。

スクリーンショット 2016-01-08 2.22.26

メールだとほぼリアルタイムで反応してくれます。

後は必要な

  • 記事タイトル
  • アイキャッチ画像があればそれ
  • 記事URL

があればOK!!と言うことで作ってみました。
既にこのブログでやってるので無事に動いてます。

設定ページ作るの勉強になった

設定ページを作るのは初だったんですが、エラーメッセージとかいろいろ勉強になり楽しかったです。
そこら辺は忘れないようにまたメモ投稿したいと思います。

無事にパスしてくれることを祈りつつ 🙂

テストはまだっす

…とりあえず申請を先にと思って、テストはまだやってないっす。
待ってる間にテストしようかと (^^)