【メモ】【更新】vccwでvagrant up後にサクッと新規テーマを作成してオレオレmixin追加する

VCCWでvagrant up後に続けてテーマを作る

wp-cliのscaffold _sを使います。
vagrant upした後、そのままこのコマンドを売っても何ら問題ないんですが、オレオレタスクランナーでbrowser-syncを利用している場合で尚且つ、–proxyオプションを設定している場合、いちいち書き換えないとちゃんと表示されません。。

ってことで、wp scaffold _s した時、同時にいろいろやっちゃってサクッとテーマ構築に取りかかれるようにしました。 😀

  • distディレクトリを作成
    imagenim用。ここに画像を置くと、圧縮してテーマ内のimagesへ放り込む
  • オレオレpackage.jsonをテーマディレクトリにコピー
  • browser-sync –proxy の値をsite.yml記載のhostnameで置き換え
  • npm run watch:all してブラウザを立ち上げる
  • サクッとテーマ作成スタート!! 😀

やってる内容

  • marushu/build-theme: Build theme using wp-cli (scaffold _s) and run tasks. をクローンして、vccwディレクトリ直下に置く。
  • chmod +x ./build-theme.sh する
  • テーマを新規作成したい場合、vagrant up後に、”./build-theme.sh”を実行
  • 聞かれる質問(theme name, theme slug)に答える
  • scaffold されたテーマ内にpackage.jsonをクローン
  • package.json内の “serve”: “browser-sync –proxy ‘vccw.dev’ の–proxy部分をsite.yml内にあるhostnameで置換
  • npm run watch:all でブラウザ立ち上げ&watch開始

という流れ。
これなら、–proxy探して書き換えて、distディレクトリ作ってとかいっぺんに済む 😀

後は、できあがったテーマのstyle.scssにオレオレmixinまで自動追加できればばっちし👌✨️

オレオレmixin追加

https://github.com/marushu/build-theme/blob/master/build-theme.sh#L23

cat ../../../../build-theme/mixin.txt | awk '{print $0}' >> ./sass/style.scss

…やや強引か…😅

awkコマンド

オークっていうらしいんすけど、1行毎に処理してくれるようで、$0で全ての行を拾ってくれるようです 😀

mixin.txtにデフォルトで追加するmixinを置いておけば、テーマ作成時にstyle.scssの最後にmixinを追加して更にそれをコンパイルした状態でstyle.cssができるって感じ 😀

これでscaffols _sでテーマ作る場合、直ぐに構築スタートできるようになった 😀

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA