原点に帰る

義足のランナーって本を読んだのが2014年。

漠然と「俺も走ってみたい‼︎」と思うようになって、今年になってようやく板バネで練習を始めた。

急にやり過ぎたからか、古いソケットを使っちゃったからか、まぁ探せばいくらでも理由というか、言い訳というかできちゃうんだけど、断端に擦り傷ができてしまった。

このくらい平気と思って練習続けてたら、傷が悪化して、夕方にはシリコンライナーの中に血混じりのものが溜まるようになってしまった ^^;

さすがにまずいなぁと思いつつ、走る練習はやめてみたけど、普段使う義足履いてても夕方には同じ症状で、むしろ傷が広がっている感じ。。

10年以上履いて大概のことは経験済みと思ってたけど、こんなの初体験…(^◇^;)

結局、傷が治るまでは普段履き義足もやめることにした。。

ってことで、久しぶりに松葉杖生活がスタート‼︎

傷口から浸出液が止まらないので、ガーゼを当てて時折交換しながら早4日。まだ回復の兆しなし。。

何処へ行くにも足を履いているのと比べると大変にめんどくさいw

事故から社会復帰して間もない頃、傷が治らずまだ義足を履くことすらできなかった頃を思い出した。

当日、悶々としてずっと霧の中にいる気分だった時、ある人に義足を履けず歩けないと愚痴ったら、「歩けてるじゃない?」と、言われたことを思い出した。

義足を履いていないだけで、松葉杖で立派に歩けていると突っ込まれたんだよね ^^;

ここんところ、久しぶりに焦りが出ていて悶々としてたんだけど、忘れていたこの突っ込みを思い出した。

焦っても仕方ないのはわかってるけど、つい焦るのは仕方がない。開き直って傷が治るのを待とうという気にようやくなれた (^^)。

原点?と言うべきかどうかはわからないんだけど、原点に戻ったつもりでまたのんびりやって行こうと思うのであった。

三男が挑戦的w
俺に挑戦を挑む三男w

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA