オブジェクトの位置

Illustratorでスライス作成をもっと楽にしたい

Illustratorでスライス切る場合、

  • スライスしたいオブジェクトを選択
  • オブジェクト > スライス > 選択範囲から作成

とやることが多いので、ショートカットを当てています。(option + shift + command + R)

よく使うのでショートカット便利 :)
よく使うのでショートカット便利 🙂

このキーボードショートカットは、”編集 > キーボードショートカット”から初期設定を複製して、オレオレショートカットのセットに切り替えてから作成するといい感じ。

キーボードショートカット
編集 > キーボードショートカット
Illustrator 初期設定のキーボードショートカット
Illustrator 初期設定のキーボードショートカット
オレオレショートカット
オレオレショートカット

アートボードのオブジェクトを選択したら、レイヤーパネルもそこへ移動したい

スライスをサクッと作成できるようになったのはいいんだけど、オブジェクトによってはクリッピングパスを使っている物もあります。その場合、選択範囲からスライス作成しても意図しないサイズになっちゃいます。。

ってことで、レイヤーパネルで選択中のレイヤーを探すわけですが、複雑なデザインや、アートボードが複数ある場合など、探すのがスゲー面倒なわけです。。
毎度ちまちまとスクロールして探してたんですが、やっとおさらばですw

パネルメニュー : オブジェクトの位置

はい、これ。
…今まで知らなかった ( ꒪⌓꒪) 。

オブジェクトの位置
オブジェクトの位置。レイヤーパネルのパネルメニュー内にある。

アートボードでオブジェクトを選択 → パネルメニューの”オブジェクトの位置”クリックで該当レイヤーへジャンプ!!これ最高!!
自分で作ったファイルなら探しやすいですが、デザイナーさんに作ってもらったファイルだとレイヤースクロールして探すのってもの凄い面倒なんすよね…。。
でもこれだと、一瞬で移動して更にグループも展開してくれます。

レイヤーパネル
レイヤーパネル

いやぁ、便利 🙂

ショートカット振りたい

ってことで、スライスはショートカット振ったので、このオブジェクトの位置にもショートカットを振ろうと先ほどのキーボードショートカット内を探すんですが、どこにも出てませんでした。

設定方法ってないの?っとGoogle先生に聞きつつ彷徨っていたら見つけました (^^)

Can you assign a keyboard shortcut to the “Locate Object” command in the Layers pallette of Adobe Illustrator? – Quora

…やっぱ同じことで彷徨ってた人いるんすね〜 😀

アクション作成してショートカット振って完了

上記質問にキャプチャ付きで載ってるんですが、”Sure – just record an Action”、アクション作ってショートカット振ればOKでした。

アクションパネル
アクションパネル
オブジェクトの位置アクション
オブジェクトの位置アクション。shift + command + F12を設定しました。

これでスライス作成までの行程が楽になりました 😀
ありがたや〜!!
もっと早く知っていればなーーーーっと ( ꒪⌓꒪)

参考リンク

ツールを教えていただきました!!

早速、黒葛原さんからツールを教えていただきました!! facebookのタイムライン載っけようと思ったんですが、プライバシー設定なのか、出なかったのでコピペでw

黒葛原 道こういうのとか
http://2-hats.hateblo.jp/entry/2015/07/27/120859

こういうのも便利ですよ!
http://3fl.jp/is003

素早く画像書き出しできるillustrator向けスクリプト – Two hats

早速試してみたいと思います!!
あざまーーっす 😀

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA