エキストリーム網元起動隊 大分編行ってきた

※ 2014/07/18付で網元AMIでもt2.micro版へ移行しました。T2ファミリー対応網元AMI「WordPress powered by AMIMOTO (HVM)」をリリースしました! | 超高速 WordPress AMI 網元

これに伴い、今までご利用いただいたAmazon Linux版の網元AMIは「WordPress powered by AMIMOTO (PVM)」に名称を変更しております。
また、HVM版の網元では旧世代インスタンス(t1.micro および M1ファミリーなど)を選択出来なくなっております。

既にt1.microで起動しちゃったよ〜という方でt2.microへ引っ越したい方もご安心ください!! 移行法がバッチリ載ってます↓↓

AMIMOTO (PVM版)からAMIMOTO (HVM版)へのインスタンス移行方法 | 超高速 WordPress AMI 網元

ということで、今後新規で網元を起動するときはt2.microからとなります。バッキバキに早くなってますよ〜!! 岡本さんあざまーーっす!!

行ってきました!! 網元ハンズオンです。
今回は大分・熊本と連日開催でした。初日は大分!!

初心者でも安心!AWSにWordPressにぴったりな環境をつくるハンズオン 〜エキストリーム網元起動隊 大分編〜 – WordBench大分 | Doorkeeper

何故駅ストリーム網元起動隊かと言いますと、丁度台風が九州へ上陸するとかなんとか大騒ぎしていた日とバッチリ重なっていって、前日に中止のアナウンスが出ていたからです。台風 8号 – Google 検索

 

 

しかし、当日になって台風の進路や速度が変わって、どうやら台風の影響が出ない雰囲気に 😀
参加希望の皆さんへサイドアナウンスして、集まった方は15名!!予定があって参加できなかった方もいらっしゃいましたが、急遽開催は間違いありません、小賀さんも僕もスクランブル発進、参加者の皆さんもスクランブル集合ということで、エキストリーム網元起動隊ハンズオンとなったわけでした。

主催の渡邊さん相当大変だったと思います。本当にお疲れ様でしたっ!!

現地は既に晴れ 😀

小賀さんは新幹線に飛び乗って、僕は鹿児島からご老体に飛び乗って現地に着いてみると、既に晴れて気持ちの良い夕暮れでした。
もう網元ハンズオンのために晴れたに違いない…言い過ぎかな…(^0^;)

開始前には参加表明された皆さんほぼ全員集まっていよいよスタートです!!

ハンズオンの流れ(おさらい)

  1. AWSコンパネよりEC2
  2. Launch Instance – AWS MarketplaceよりAMIMOTO AMI選択
  3. AMIMOTO AMI起動
  4. EIP付与
  5. Route53で独自ドメイン
  6. SFTP設定
  7. AMIサイズ変更
  8. バックアップ
  9. リストア
  10. Terminate(抹殺)

慣れてしまえばあっという間の網元起動もAWSコンソールパネルの壁がやはり最初は立ちはだかるようで、順を追って進めるのってやはり良いですね (^^)

今回はSFTPで接続までやったので、まだコマンドに慣れない方でも普段の操作感でできるということを体感できたかと思います。

網元で作成したインスタンスに(S)FTPクライアントソフトで接続するには? | 超高速 WordPress AMI 網元

最後にはインスタンスをTerminateまでやって完了でした。今回使用したインスタンスはT1 Micro(t1.micro)でしたが、もうすぐT2 Micro(t2.micro)も使えるようになるそうです。楽しみですね〜 😀

資料あります!!

是非やってみてください!! 簡単で、早く、バックアップやリストアなども楽ちんです。

個人的にはWordPressのアップデート時にSnapshotsから一つAMIを立ち上げてアップデート確認し、OKであれば、そのSnapshotsから立ち上げたものを本番にしてしまうという運用方法が便利だと思いました。
これから僕もそのやり方で行こうと思います (^^)

懇親会で次々と起動隊が!!

僕個人的な感想ですが、ハンズオンの後の懇親会ってスゲー盛り上がる気がします。
今回は台風で大騒ぎしただけに更に盛り上がった感ありました。

そして、懇親会で次々と網元起動隊が (^^)

渡邊さんをはじめ、スタッフ、参加者の皆様、本当に楽しくアツい時間をありがとうございました!!

そして夜は更けていくのでありましたw

次回熊本編に続く!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA