GitHubでForkしてPull Requestsする時(した後)の注意点:追記あり

Deleting a repository · GitHub Helpより

Pull Request後にMergeとかCloseしたら即自分のとこに持ってきたRepositoryは削除しなくてもいいんですね…

GitHubでForkして編集してPull Requestした後、Mergeされたとします。その場合は、迷わず自分のForkしてきたRepositoryは破棄した方がいいです。追記参照

というのも、Mergeされた後、本家で何か修正があった場合、自分のRepositoryではその変更が適用されていない場合があるからです。

Repositoryの削除方法

  • 自分のGitHubアカウント内のForkしてきたRepositoryへ移動

    該当のRepositoryからSettingsをクリック
    Settingsへ移動。
  • SettingsメニューからDanger Zone内のDelete this repositoryをクリック

    Delete this Repositoryボタンをクリック
    クリックしただけでは削除されないので安心してクリック (^^)
  • Delete this repositoryをクリックすると以下のようなボックスが出てくる。

    Delete this repositoryダイアログ
    Are you ABSOLUTELY sure?ダイアログが出てくるので、Repository名を入力
  • Repository名を入力すると、「I understand the consequences, delete this repository」ボタンがアクティブになるので、クリック
  • Repository削除完了!! 🙂

以上でRepositoryが削除されました。

忘れないようにメモ

実際つい先ほどそういった事態になってしまいました。やっていたのは宮内さんが作成されているWP Total Hacksプラグインの修正です。一度やった後だったので、安心して自分のRepositoryからcloneして編集したものをPull Requestしたのです。

すると、速攻で「It is close because conflicts.」のメールが届きました…(^0^;)
僕が送ったPull RequestをMergeした後に、本家で更新があったのに、僕が古いままのデータで新たに編集したものを送りつけたためでした。。ゴメンナサイ!!!

僕は昨年幸運なことに、宮内さんが作成されている、WP Total HacksのContributorsに加えさせていただきました。更にAuthorsにまで!!
WordPressが3.8にメジャーアップデートされる前に宮内さんがわお!WordPress 3.8がもうすぐ出ちゃうので、プラグイン開発者の立場でお願い! と言う記事で呼びかけをされていた時に、僕も挑戦してみたのがきっかけです (^^)

僕がやったのは、WP Total Hacksが有効かされている時に読み込まれるCSSの修正でした。たった2行ほどの修正だったのですが、その際にGitHubでのForkやPull Request方法など一気に教わりました。ホント感謝です!!

3.8対応にばかり気を取られて、古いバージョンでレイアウト崩れが出た

プラグインの修正ができてすっかり気をよくしていると、フォーラムで質問が。。僕がやった所だったので、当然僕が対応です。

改めてプラグイン作者さまの苦労というか、作業の多さを垣間見ました。偉大っす!! プラグインもWordPressもOSSも!!

その後(追記)

宮内さんに、Forkする際の好ましいやり方が載ったエントリーを教えていただきました!!

Githubでfork元の更新をMergeする – より
Forkした後、

本流の変更をpull

する。
なーるほど!! これならPull Request送りつけて迷惑かけることが減るかも知れないっす 🙂
かも知れないと書いたのは、そもそもコード自体に間違いが無いことが前提だなぁと思ったからです…(^0^;)

これも忘れないようメモ 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA