mophie juice pack plus for iPhone 5S をゲット(使用レポート)

迷わず購入

電源のある場所での仕事ばかりであればそもそもこういったツールは必要ないかも知れませんが、出張や電源確保が難しい環境が少しでもあれば、何かしら充電グッズは持ち歩いているかと思います。

僕はiPhone4Sの時からjuice pack は必需品です (^^)

どの位か早速チェック

iPhoneのバッテリ残量15%、juice pack plusは100%充電済みの状態で装着して空になるまでの時間を計ってみました。

今からテストしてみる (^^)
バッテリ残量15%からスタート

充電済みのjuice pack plus
本体は充電済み。どの位充電してくれるのかをチェック

結果は?

残念ながら満タンにならずでした。
充電中も使い続けていたり、移動中明らかにネットワーク圏外な所を通過していたりと、環境により、この辺りは変わってきそうですが満充電には至りませんでした。

因みに4Sの時はバッテリ残量が20%を切った当たりに付けてましたので、今後も20%を切った辺りで使うのが良さそうです。

juice pack pkusが空になった時間1
画像ではまだ充電中のように見えるけど、実際は
ほぼ空の状態で充電できていません。(裏のインジケーターは空)

モバイルバッテリーに繋ぐと、ケーブルが邪魔で満充電になるまでは、持ち運びが面倒です。juice packなら、ケースと一体化しているので、充電しながらという「ながら」が移動中とても楽で、コレ使っちゃうとついこの環境が欲しくなります (^^)。

モバイルバッテリーで充電中
大容量なので、iPhoneだったら数回満充電可能。
しかし、この状態で持ち歩くとなると、邪魔 (^^;
juice pack 4S用
4S用。コレがあるととても安心だった (^^)

今週末はWordBech AMAMI 2013があるので、早速活躍しそうです (^^)。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA