【WordPress特別セミナー】StaticPress × S3 × Vagrant 勉強会行ってきた From the Dark Side 告知付き

【WordPress特別セミナー】StaticPress × S3 × Vagrant 勉強会

個人的に最近ど真ん中(知りたい)勉強会が開催されるということで楽しみにしていました。

様々な機関へ稟議を通し、時にはプレゼンし、時には…(ry
WordPress+StaticPress+S3+Vagrantと、つい最近AWSを使い始め、WordPressが大好きな僕としては全く見逃せない勉強会でした (^^) 結果、大満足な勉強会でした。ありがとうございました!!

会場

グラントウキョウサウスタワー41F アカデミーホール (東京都千代田区丸の内1-9-2)

会場からの眺め。
都おそるべし (^^;

タイムテーブル

  • はじめに 川井健史@siroi_mogutan
  • 第1部 WordPressサイトを長期的にメンテナンスするために 高野直子さん@naokomc
  • 第2部 Amazon S3でWordPressを動かす 増井雄一郎さん@masuidrive
  • 第3部 現場視点で語るStaticPress開発の背景と事例
    小賀浩通さん@digitalcube岡本渉さん@wokamoto
  • 第4部 Amazon S3による静的Webサイトホスティング 堀内康弘さん@horiuchi
  • 第5部 仮想マシンざっくり解説と実践Vagrant 澤登亨彦さん@sawanoboly
  • さいごに Web CAT Studio 長尾悠さん@WebCATStudio

当日資料

ATNDページにリンクがまとまって載っています。イベント後のこういったまとめってありがたいです。勉強になるなぁ。

本日の講演スライド公開中!

  • 第1部 WordPressサイトを長期的にメンテナンスするために
    3.x系ならば安全ではなく、最新版のみが安全に利用できる、が印象的でした。仕事で保守を頂けている場合は必ず対応していますが、構築だけな場合だと、作って渡して終わり。。という場合もあったので、今後、自動更新になればそういった面も良くなるのでは?(なったらいいなぁ)。→ スライドへ

  • 第2部 Amazon S3でWordPressを動かす
    S3へ静的に書き出して運用するということで、落ちない、不正アクセスの心配が無いなど魅力的な面もありますが、コメント、お問合せ、テーマ切り替え(モバイル)などデメリットもあるので、使い分けが必要。→ スライドへ

  • 第3部 現場視点で語るStaticPress開発の背景と事例-1
    StaticPressの開発元、デジタルキューブの組長の話。StaticPressが生まれた背景などや今後の展望など知ることがでた。バケツ1個のスライドはスゲー笑えた (^^)。WordPressを100%活かすのであれば本来の使い方。利用環境に合わせて柔軟にという点にはとても共感。→ スライドへ

  • 第3部 現場視点で語るStaticPress開発の背景と事例-2
    公開サーバは静的HTMLのみ、公開前に承認フローが必要な要件の中から生まれたのだそう。それにしても、ミーティング中にできたのは驚愕!!  今後も進化を続けるようなので、要チェック (^^) → スライドへ

  • 第4部 Amazon S3による静的Webサイトホスティング
    S3の設定方法を順を追って詳しく解説。redirectなども設定可能。案件次第だけど、自分の仕事でも活用範囲は広がると感じた。 → スライドへ

  • 第5部 仮想マシンざっくり解説と実践Vagrant
    仮想環境をとても分かりやすく解説。ぼんやりしていた所も大変よく理解できた。Vagrantは引き続き触って試していきたい。鴨のように見え、鴨のように泳ぎ、(ry  → スライドへ

  • 番外「StaticPress × S3 × Vagrant 勉強会」あっという間の企画会議
    今回の勉強会開催が如何にスピーディーに決まったか!! はとても勉強になった。また、イベントごのフォローアップも参加した人の立場に立っていらっしゃると感じ、これもまた自分の今後に活かしていきたい。 → スライドへ

以上、あっという間の一日でした。どうしてこの勉強会に参加したいと思ったかと言いますと、

発端は、Vagrantです

ネットでやたらと見かけるなと思っていたら、ドットインストールのレッスンに追加され、レッスンを進めながらローカルの仮想環境にサーバを立ち上げました。
その時は、ピンと来るわけもなく、「サーバを起動して終了して、壊す。これでどうして巷は賑わってるんだろう?」と思っていました。

僕は普段、MAMPでWordPressのテーマを作り本番サーバへ公開していまして、このフローで特に困っているわけでもなくお仕事も比較的スムーズにできていたからです。そうはいながら最近MAMPが重く、時には起動に失敗することも出てきていました。どうにかならないかなぁと思いながら、ふと、「Vagrantだと同じ事できるな。」と思い始めました。ええ、気づくのが遅いんです…(^^; でも気づいたんです。

仮想環境(個別)上で開発すると、本番環境に非常に楽に公開できる

というか、MAMPより遙かに楽に準備でてしまう。と急におもしろくなってきまして、ネットを漁っていたら今回のイベントを見つけたというわけです。
冒頭にも書きましたが、参加できて本当に良かったです (^^)。

【告知】WordPress + Vagrant + Chef + その他てんこ盛りなセミナーを鹿児島で開催します!!

来る11/23(土)、
WordVolcano(番外編)From the Dark Side
と称してセミナーを開催いたします。※ ATNDサイトは投稿時点で落ちているようです…(^^; しばらく経ってからアクセスして見てください。

登壇者は、デジタルキューブの小賀浩通さん(@digitalcube)、岡本渉さん(@wokamoto)、宮内隆行さん(@miya0001)です。

  • ローカル環境をもっと楽にしたい
  • セキュアに運用したい
  • 開発の精度、スピードを上げて浮いた時間をコンテンツ充実に持って行きたい
  • デザイナーだけど、素早く、迷わずサイトを立ち上げたい

などなど、WordPressの開発環境をもっと楽しく、楽に、安全にとお考えの方は是非ご参加ください!! 今後の制作環境が大きく変わるきっかけになるのではと思います (^^)。

イベントサイトを見てみる

ねっこ君がわりと好きです。言ってみただけです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA