【小ネタ】LibreOfficeで1分ズレで設定する方法

 

CSVをインポートする時、投稿時間で困ったのでメモ。

3000件位の投稿をCSVからインポートさせたんだけど、nex_post_link, prev_post_linkがちゃんと動いてくれなかったんすよね…。

Function Reference/next post link « WordPress Codex

で、原因は、インポートされた投稿時間。。CSVでインポートさせたら、だいたい4〜5件位は投稿時間が秒単位で同じになってたこと。
next/prev_post_linkって、get_adjacent_post_link()って関数が動いてるみたいで、そのget_adjacent_post_linkの中で、get_adhacent_postってヤツが動いてるようで、その中で、日付を見てる感じ。

$where = apply_filters( "get_{$adjacent}_post_where", $wpdb->prepare( "WHERE p.post_date $op %s AND p.post_type = %s AND p.post_status = 'publish' $where", $current_post_date, $post->post_type ), $in_same_term, $excluded_terms );

↑↑/wp-includes/link-template.phpの1473行目〜(ん?これ自体がフィルターか!!)

最初はインポーターで無事にインポートできて「よしよし。」なーんて思ってたんだけど、next, prevが動かないと非常に面倒なことになる…(*_*)

ってことで、インポート時点で時間をずらせばいいかな?って事で、LibreOfficeでセルに時間列を追加した。

追加方法

LibreOfficeっす。

  1. 日付用のセルを準備001_セルを用意
  2. セルの書式設定002_セルの書式設定
  3. 日付フォーマットを定義003_日付フォーマットを定義
  4. セルに貼り付けてOK004_セルに貼り付けてOK

でとりあえず回避 ^^;
後でフィルター試してみよう :D

三男6歳

日付が変わってしまったけど三男の誕生日だった。
早いもので4月にはもう小学生だ。
最近はひらがなもスムーズに読めるようになったようで、目にとまるものは直ぐに読み上げる。わかる・解るってこういうことだよな?ってのを教わる気がする :D

締めはお母さん手作りのケーキ (^^)
締めはお母さん手作りのケーキ (^^)

この頃だけではないかもしれないけど、もう1ヶ月前からカウントダウンが始まって、それはもう心待ちにしていた日だ。
朝から終始ニコニコで、午前は次男と一緒に少年野球の体験に参加し、昼は兄たちも同様なんだけど、日頃は行かないちょっとお高めの回転寿司。締めはお母さん手作りのケーキとフルコース :D

寝る前まで、「今日は僕の誕生日、凄くいい日だったね!」っとご機嫌で爆睡だった。

毎度思うんだけど、本当に元気で誕生日を迎えられるってありがたいことだ。
これからも底抜けの明るさでいろいろチャレンジしていって欲しいと思うオヤジであった (^^

I’d learned many word today!! :D

Today, I’d learned many English word from my Great English Teacher :D
My teacher is Kel.
She don’t teach me direct word mean, she used another word. That is great!! I can understand naturally the word mean :D

Today’s Lesson’s Word

  • steady
    Steady mean is regular or even. For example, My weight increase steady…  ( ꒪⌓꒪)
  • meeting
    This word is noun. For example, We had a meeting for our future.
  • alert
    This word is difficult for me. But I got it. :D
    Alert mean is quick to notice something.( ← from teacher’s text )
    This word is short time event.( Is it correct? )
    For example, I alert my bag at Old urban area. ( ← Old urban area is from Google :P )
  • benefit
    Benefit mean is something gained. I don’t know “geined” mean. This word mean is something plus.
    For example, My benefit is that I can get a lot of English word mean.
  • absent
    Absent mean is missing. Antonyms word is “Present”.( antonyms is from Google :P )
    For example, I am absent from work because I am sick.( teacher’s example )
  • snail
    Snail is “KATATSUMURI”.
  • facial
    Facial mean is about all of face things. This word have two mean. One is noun, another is adjective.
  • supple
    Supple mean is soft and smooth. Like baby’s face.
    For example, After facial her skin is supple.
  • slime(slimy)
    Slime mean is sticky liquid that is unpleasant to touch.( ← from teacher )
    For example, Natto is slimy Japanese Food.
  • at a snail’s pace
    This sentence mean is very slow.
    For example, My Lifetime is at a snail’s pace.

That it!!
Today is so excited for me. May word gained. :D

鹿児島Linux勉強会行ってきた

@matokenさんが主催されている鹿児島Linux勉強会へ参加してきました。なかなか都合がつかず参加できずにいたんですが、久っしぶりにチャンスができました :D

イベント情報

関連リンク

読書会が大変勉強になります!!

前回(2014/12/20)の勉強会からLinux標準教科書の朗読会をされていて、今回も前回の続きからでした。
Linux標準教科書はこちらからダウンロードできます。

今回は、

  • sort
  • uniq
  • tr
  • diff

などのコマンドを読み進めました。読書会って初めてだったんですが、参加された方々の、「こんな感じで使ってる」などの実演?っていうのか、実際見ることができるのがとても新鮮でした。
そしてとても勉強になりました。パイプは何度か自分でも使ったことありましたが、リダイレクトを初めて知りました。コマンドっておもしろいっすね :D

後半は、自由に発表OKな場だったので、「今年はわからないことをやめようと思います!!」と、ご挨拶代わりに発表しました ^^;

でもって、今後一先ずVirtualBox上にLinuxをインストールするところからスタートしたいと思います :D

しかし、Linuxのディストリビューションって膨大な数があるんですね…。

GNU/Linux Distribution Timeline

Distribution TimeLine
Distribution TimeLine。デカすぎて…^^;

VCCW第0回勉強会を開催しました

……秘密裏にw

 

って言うのは冗談ですが、前日に告知して誰が来る!!
というわけで、今月からどうしても始めたくて開催しました。

第0回目は告知が前日だったのでもくもく勉強会として開催しました。

VCCW勉強会開催の経緯

理由は単純で、VCCWを使った開発があまりにも便利過ぎて、もっと知りたいと思ったからです。

VCCWとは?

VCCW

WordPressのプラグイン、テーマ、またはWebサイトのためのVagrantベースの開発環境です。開発者は、 サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル の著者の1人でもある 宮内隆行さん です。

  • 最新バージョン:2.0.0(2015/01/30現在)
  • 必要環境:Vagrant 1.5以上、VirtualBox 4.3以上

できること

  • WordPressのベータバージョンを試したい
  • 任意のドメイン名で立ち上げたい
  • 起動時に特定のテーマを有効化した状態にしたい
  • 起動時に特定のプラグインを有効化した状態で起動したい
  • テーマレビューをサクッとやりたい

などなど、その他にもwp-cli使えたり、WordMoveで開発環境と本番環境のPUSH, PULLしちゃったりと、WordPressを使ったWebサイト開発・運用に関して便利機能がてんこ盛りです!!

参考リンク

最新バージョンでの設定・起動方法を僕も書きましたので、良かったらご覧ください。

VCCW 2.0.0になったのでおさらい – VCCW + WordMove – | 自然体

何が便利かって、気軽に試せる点でしょうか。不要になれば、vagrant destroyで壊せるし、vagrant upで直ぐ立ち上げられるし、WordMoveを使えば運用中のサイトのメンテナンスも楽々です。
WordPressをベースに開発する場合、この環境を使わない手はないと言うくらい、楽ちんです。

ってなわけで、今後月一を目標に勉強会を開こうと思います。
気になる方や、既にバリバリに使っていらっしゃる方、良かったら一緒にやりましょう!! :D

 

【openコマンド】指定したアプリケーションで開く

openコマンドで指定したアプリケーションで開く。

open -a /Applications/Coda\ 2.app/ default.yml

openコマンド便利。

OPEN(1)                   BSD General Commands Manual                  OPEN(1)

NAME
     open -- open files and directories

SYNOPSIS
     open [-e] [-t] [-f] [-F] [-W] [-R] [-n] [-g] [-h] [-b bundle_identifier]
          [-a application] file ... [--args arg1 ...]

DESCRIPTION
     The open command opens a file (or a directory or URL), just as if you had double-clicked
     the file's icon. If no application name is specified, the default application as deter-
     mined via LaunchServices is used to open the specified files.

     If the file is in the form of a URL, the file will be opened as a URL.

     You can specify one or more file names (or pathnames), which are interpreted relative to
     the shell or Terminal window's current working directory. For example, the following
     command would open all Word files in the current working directory:

     open *.doc

     Opened applications inherit environment variables just as if you had launched the appli-
     cation directly through its full path.  This behavior was also present in Tiger.

     The options are as follows:

     -a application
         Specifies the application to use for opening the file

     -b bundle_indentifier
         Specifies the bundle identifier for the application to use when opening the file

     -e  Causes the file to be opened with /Applications/TextEdit

     -t  Causes the file to be opened with the default text editor, as determined via Launch-
         Services

     -f  Reads input from standard input and opens the results in the default text editor.
         End input by sending EOF character (type Control-D).  Also useful for piping output
         to open and having it open in the default text editor.

     -F  Opens the application "fresh," that is, without restoring windows. Saved persistent
         state is lost, except for Untitled documents.

     -W  Causes open to wait until the applications it opens (or that were already open) have
         exited.  Use with the -n flag to allow open to function as an appropriate app for
         the $EDITOR environment variable.

     -R  Reveals the file(s) in the Finder instead of opening them.

     -n  Open a new instance of the application(s) even if one is already running.

     -g  Do not bring the application to the foreground.

     -h  Searches header locations for a header whose name matches the given string and then
         opens it.  Pass a full header name (such as NSView.h) for increased performance.

     --args
         All remaining arguments are passed to the opened application in the argv parameter
         to main().  These arguments are not opened or interpreted by the open tool.

EXAMPLES
     "open '/Volumes/Macintosh HD/foo.txt'" opens the document in the default application for
     its type (as determined by LaunchServices).

     "open '/Volumes/Macintosh HD/Applications/'" opens that directory in the Finder.

     "open -a /Applications/TextEdit.app '/Volumes/Macintosh HD/foo.txt'" opens the document
     in the application specified (in this case, TextEdit).

     "open -b com.apple.TextEdit '/Volumes/Macintosh HD/foo.txt'" opens the document in the
     application specified (in this case, TextEdit).

     "open -e '/Volumes/Macintosh HD/foo.txt'" opens the document in TextEdit.

     "ls | open -f" writes the output of the 'ls' command to a file in /tmp and opens the
     file in the default text editor (as determined by LaunchServices).

     "open http://www.apple.com/" opens the URL in the default browser.

     "open 'file://localhost/Volumes/Macintosh HD/foo.txt'" opens the document in the default
     application for its type (as determined by LaunchServices).

     "open 'file://localhost/Volumes/Macintosh HD/Applications/'" opens that directory in the
     Finder.

     "open -h NSView" lists headers whose names contain NSView and allows you to choose which
     ones to open.

     "open -a Xcode -h NSString.h" quickly opens /System/Library/Frameworks/Foundation.frame-
     work/Headers/NSString.h in Xcode.

VCCW 2.0.0になったのでおさらい – VCCW + WordMove -

ええ、タイトル通りっすよ。もうっすね、便利過ぎて鼻血出ますw

VCCWが2.0.0になって設定方法が従来のVagrantfileを編集する方法から.ymlファイルを編集する方法に変わったので、手順をおさらいしようと思います。

先ずはvagrant起動まで

  • 開発用のディレクトリを作成
    任意の場所に開発用のディレクトリを作成。/User/ユーザー名/worksとか。

    cd /User/user-name/works
    mkdir new-vccw
  • VCCWをダウンロード
    VCCW – A WordPress development environment.よりダウンロード。

    cd new-vccw
    wget https://github.com/vccw-team/vccw/archive/2.0.0.zip
    
  • 解凍
    unzip 2.0.0.zip
  • vccw-2.0.0ってディレクトリになるから何となくリネーム
    mv vccw-2.0.0/ vccw
  • vccw/provisionにあるdefault.ymlをvccw配下へコピー
    cd vccw
    cp provision/difault.yml site.yml
    
  • site.ymlを開いて設定
    site.ymlはこんな感じ。
  • # encoding: utf-8
    # vim: ft=ruby expandtab shiftwidth=2 tabstop=2
    
    #
    # General Settings
    #
    wp_box: miya0001/vccw
    chef_cookbook_path: ./provision
    
    #
    # Network Settings
    #
    hostname: wordpress.local
    ip: 192.168.33.10
    
    #
    # WordPress Settings
    #
    version: latest
    lang: en_US
    title: Welcome to the VCCW
    multisite: false
    rewrite_structure: /archives/%post_id%
    
    #
    # WordPress Path
    #
    sync_folder: 'www/wordpress'
    document_root: '/var/www/wordpress'
    wp_home: ''     # Path to the WP_HOME like "wp"
    wp_siteurl: ''  # Path to the WP_SITEURL like "wp"
    
    #
    # WordPress User
    #
    admin_user: admin
    admin_pass: admin
    
    #
    # WordPress Database
    #
    db_prefix: wp_
    db_host: localhost
    
    #
    # WordPress Default Plugins
    # Plugin's slug or url to the plugin's slug.
    #
    plugins:
      - dynamic-hostname
      - wp-total-hacks
      - tinymce-templates
    
    #
    # WordPress Default Theme
    # Theme's slug or url to the theme's .zip.
    #
    theme: ''
    
    #
    # WordPress Options
    #
    options:
      blogdescription: Hello VCCW.
    
    #
    # The values of wp-config.php
    #
    force_ssl_admin: false
    wp_debug: true
    savequeries: false
    
    #
    # Theme unit testing
    #
    theme_unit_test: false
    theme_unit_test_uri: https://wpcom-themes.svn.automattic.com/demo/theme-unit-test-data.xml
    # theme_unit_test_uri: https://raw.githubusercontent.com/jawordpressorg/theme-test-data-ja/master/wordpress-theme-test-date-ja.xml
    
    #
    # DB will be reset when provision
    #
    reset_db_on_provision: true
    

    適宜編集。Vagrantfileよりもスッキリしててわかりやすいイメージっす :D
    書き換えてみた↓↓

    # encoding: utf-8
    # vim: ft=ruby expandtab shiftwidth=2 tabstop=2
    
    #
    # General Settings
    #
    wp_box: miya0001/vccw
    chef_cookbook_path: ./provision
    
    #
    # Network Settings
    #
    hostname: wordpress.local
    ip: 192.168.66.66
    
    #
    # WordPress Settings
    #
    version: latest
    lang: ja 
    title: VCCWテスト
    multisite: false
    rewrite_structure: /archives/%post_id%
    
    #
    # WordPress Path
    #
    sync_folder: 'www/wordpress'
    document_root: '/var/www/wordpress'
    wp_home: ''     # Path to the WP_HOME like "wp"
    wp_siteurl: ''  # Path to the WP_SITEURL like "wp"
    
    #
    # WordPress User
    #
    admin_user: admin
    admin_pass: admin
    
    #
    # WordPress Database
    #
    db_prefix: wp_
    db_host: 192.168.66.66 
    
    #
    # WordPress Default Plugins
    # Plugin's slug or url to the plugin's slug.
    #
    plugins:
      - dynamic-hostname
      - wp-total-hacks
      - tinymce-templates
    
    #
    # WordPress Default Theme
    # Theme's slug or url to the theme's .zip.
    #
    theme: ''
    
    #
    # WordPress Options
    #
    options:
      blogdescription: Hello VCCW.
    
    #
    # The values of wp-config.php
    #
    force_ssl_admin: false
    wp_debug: true
    savequeries: false
    
    #
    # Theme unit testing
    #
    theme_unit_test: false
    theme_unit_test_uri: https://wpcom-themes.svn.automattic.com/demo/theme-unit-test-data.xml
    # theme_unit_test_uri: https://raw.githubusercontent.com/jawordpressorg/theme-test-data-ja/master/wordpress-theme-test-date-ja.xml
    
    #
    # DB will be reset when provision
    #
    reset_db_on_provision: true
    

    ※ YAMLファイルはコロン「:」はハッシュ値を表すようで、コロンの後には半角スペースが要るようです。
    YAML – Wikipedia
    Rubyist Magazine – プログラマーのための YAML 入門 (初級編)
    書き換えたとき、

    /opt/vagrant/embedded/lib/ruby/2.0.0/psych.rb:205:in `parse': (<unknown>): could not find expected ':' while scanning a simple key at line 13 column 1 (Psych::SyntaxError)

    とかでちゃんと教えてくれますが…(^0^;)

  • site.ymlを保存してvagrant up!!
    起動中…
    起動中…
    上に見えるのはyamlファイルのハッシュを書き間違えて出ているエラーっす…(^0^;)
    コロンの後は半角スペースが要ります。 あっ、boxのアップデートもあるw

    約5〜6分ほどで完了しました :D
    絶対早くなってると思う。

    Hello world!
    お馴染みHello world! :D
    起動も速くなって嬉しいっす。

次は、WordMoveでローカルとリモートをサクッと :D

起動完了すると、vccwディレクトリ直下にMovefileができあがっています。

.
├── Gemfile
├── Gemfile.lock
├── LICENSE
├── Movefile
├── README.md
├── Rakefile
├── Vagrantfile
├── provision
│   ├── cookbooks
│   ├── default.yml
│   └── site-cookbooks
├── site.yml
├── spec
│   ├── default
│   └── spec_helper.rb
└── www
└── wordpress

Movefileはこんな感じ。

local:
  vhost: "http://wordpress.local"
  wordpress_path: "/var/www/wordpress"

  database:
    name: "wordpress"
    user: "wordpress"
    password: "wordpress"
    host: "192.168.66.66"

staging:
  vhost: "http://example.com"
  wordpress_path: "/var/www/your_site" # use an absolute path here

  database:
    name: "database_name"
    user: "user"
    password: "password"
    host: "localhost"

  exclude:
    - ".git/"
    - ".gitignore"
    - ".sass-cache/"
    - "bin/"
    - "tmp/*"
    - "Gemfile*"
    - "Movefile"
    - "wp-config.php"
    - "wp-content/*.sql"

  # paths: # you can customize wordpress internal paths
  #   wp_content: "wp-content"
  #   uploads: "wp-content/uploads"
  #   plugins: "wp-content/plugins"
  #   themes: "wp-content/themes"
  #   languages: "wp-content/languages"
  #   themes: "wp-content/themes"

  # ssh:
  #   host: "host"
  #   user: "user"
  #   password: "password" # password is optional, will use public keys if available.
  #   port: 22 # Port is optional
  #   rsync_options: "--verbose" # Additional rsync options, optional
  #   gateway: # Gateway is optional
  #     host: "host"
  #     user: "user"
  #     password: "password" # password is optional, will use public keys if available.

  # ftp:
  #   user: "user"
  #   password: "password"
  #   host: "host"
  #   passive: true

# production: # multiple environments can be specified
#   [...]

“staging:”以下の情報を編集します。

“database:”, 必要に応じて”exclude:”など編集します。
僕の場合は網元なので、ssh:”以下を必要部分だけコメントを外します。
ftpでも行けちゃうのが便利っす。レンタルサーバでもOK :D

※ Movefileもインデントがキモで、コメントを外して有効化する場合、インデントの位置も必ず合わせる必要があります。
Movefile編集後はこんな感じ。

local:
  vhost: "http://wordpress.local"
  wordpress_path: "/var/www/wordpress"

  database:
    name: "wordpress"
    user: "wordpress"
    password: "wordpress"
    host: "192.168.66.66"

staging:
  vhost: "WordPress アドレス (URL)"
  wordpress_path: "/var/www/vhosts/...." # use an absolute path here

  database:
    name: "DB名"
    user: "DBユーザー名"
    password: "DBパスワード"
    host: "DBホスト"

  exclude:
    - ".git/"
    - ".gitignore"
    - ".sass-cache/"
    - "bin/"
    - "tmp/*"
    - "Gemfile*"
    - "Movefile"
    - "wp-config.php"
    - "wp-content/*.sql"

  # paths: # you can customize wordpress internal paths
  #   wp_content: "wp-content"
  #   uploads: "wp-content/uploads"
  #   plugins: "wp-content/plugins"
  #   themes: "wp-content/themes"
  #   languages: "wp-content/languages"
  #   themes: "wp-content/themes"

  ssh:
    host: "ホスト名"
    user: "ユーザー名"
  #   password: "password" # password is optional, will use public keys if available.
    port: 22 # Port is optional
    rsync_options: "--verbose" # Additional rsync options, optional
  #   gateway: # Gateway is optional
  #     host: "host"
  #     user: "user"
  #     password: "password" # password is optional, will use public keys if available.

  # ftp:
  #   user: "user"
  #   password: "password"
  #   host: "host"
  #   passive: true

# production: # multiple environments can be specified
#   [...]

環境に合わせて編集したら保存してvagrantにログイン

vagrant ssh

/vagrant/ディレクトリへ移動して、wordmoveコマンドを実行!!
一先ず、リモートからデータをPULLしてみます。

wordmove pull --all

WordMoveのコマンドはまるっとだけではなく、データベースのみ、テーマのみなど、お好みで指定した部分のみやり取りすることもできます。
wordmove pullの場合はこんな感じ。

[vagrant@wordpress vagrant]$ wordmove help pull
Usage:
  wordmove pull

Options:
  -w, [--wordpress], [--no-wordpress]
  -u, [--uploads], [--no-uploads]
  -t, [--themes], [--no-themes]
  -p, [--plugins], [--no-plugins]
  -l, [--languages], [--no-languages]
  -d, [--db], [--no-db]
  -v, [--verbose], [--no-verbose]
  -s, [--simulate], [--no-simulate]
  -e, [--environment=ENVIRONMENT]
  -c, [--config=CONFIG]
      [--no-adapt], [--no-no-adapt]
      [--all], [--no-all]              

Pulls WP data from remote host to the local machine

早速このブログのデータをまるっと持ってきます。
wordmove pull –all :D

ダダーーっとリモートからローカルへダウンロート中
ダダーーっとリモートからローカルへダウンロート中。
初回はある程度時間かかりますが、次回以降は差分のみなので、かなり短くなります :D

今回は約6分程でローカルに持って来れました。

サクッとローカルへ持って来れました :D
サクッとローカルへ持って来れました :D

vccw-team/vccwのreadme.mdに

Contribute

Setting up

  1. Clone this git repository on your local machine.
  2. Run bundle install to fetch all dependencies.

Running and writing tests

There is automated tests using Serverspec.

The tests files are in the spec/ directory.

To run the Serverspec tests, just run rake spec.

とありました。これもやってみなければ!!

網元起動隊ハンズオン in WordBench鹿児島開催しました

1月10日(土)2015年1発目のWordBench鹿児島は、新年ハンズオンと題して実際に手を動かす内容でした。

網元起動隊ハンズオン in WordBench鹿児島

和やかな雰囲気でスタート :D
今回は、WordBench長崎の管理人・MW WP FormやカスタムフィールドプラグインSmart Custom Fieldsなど様々なプラグイン作者でもある北島さんも長崎から参加していただきました :D

今回はなんとWordBench長崎の管理人+MW WP Form+カスタムフィールドプラグインSmart Custom Fieldsなど様々なプラグイン作者でもあるキタジマタカシさんにも長崎から参加していただきました :D あざまーーっす!!

キタジマさんの記事です
WordBench鹿児島で超高速WordPressサーバー「網元」を起動してきました。 | モンキーレンチ

早速ハンズオン開始!!
今回はコチラのスライドを使って進めました。

…AWSのコンソールって更新頻度が高く、気付くと資料が古くなってしまいます。。
今回ももれなく画面やメニューに変更があって、その差を説明するのに時間を取られました… ( ꒪⌓꒪)
ちゃんと確認して準備しなきゃぁダメっすね…。。

と言うことで、以下の資料が最新です。インスタンスのバックアップ・リストアも載っていますので、是非復習がてらやってみてください :D

前半は、網元とは?がよ〜くわかる解説となっていて、75枚目からハンズオンになります

スライド目次

  • AMIMOTO(EC2インスタンス)を起動 P.80〜
  • IPアドレスを関連付ける P.100〜
  • インスタンスのスケールアップ P.114〜
  • インスタンスのスケールダウン P.127〜
  • Termination Protection設定を変更する P.138〜
  • バックアップ(Snapshot) P.146〜
  • リストア P.156〜
  • SFTPで接続する P.183〜

最終的に参加された皆さん、網元起動されました :D

網元起動隊 鹿児島班
網元起動隊 鹿児島班

もう片方のブースでは

  • [初級]WordPress.comでビジネスサイトを作る
  • [初級]WordPressの子テーマを作る

この2本立ての講師は管理人の鶴田さんが担当されました。お疲れ様でした :D

 

コチラもハンズオンスタート!! な図  (^^)
イイ感じっす :D

後半は、HTML5カルタとWordPressカルタで盛り上がりましたよ (^^)

ハンズオン終了後、全員でカルタ大会でした。HTML5カルタ、WordPressカルタどちらも初めてやったんですが、燃えますねw

カルタ大会っす
カルタ自体何年ぶりなのかw
やり出すとマジハマりますw
やり出すとマジハマりますw

いろいろと勉強になりました。また次回も是非やってみたいですね〜 :D

参加された皆様お疲れ様でした!! スゲー楽しかったです :D

その後のオチ

ハンズオンの後、新年会がありまして、それも大変楽しい時間だったのですが、翌日インフルエンザを発症しまして、後日聞くに、あちこち大変ご迷惑をおかけしたようで……ホントすみませんでした (^0^;)

同時に副鼻腔炎?も患いまして10日くらい寝込む羽目になりました。
最近ようやく腹に力が入る感じっす…(^0^;)