ロリポップでvccw + WordMove

SSHメニュー

ロリポップ、ssh使えるようになってる…スタンダードプランのようだ。

SSHメニュー
SSH使えるんだ!! 😳

ってことは、vccwからWordMove経由で楽ちんだなと喜んでたら、DBに接続できない…。。ログインしたら使えるので制限かかってる様子。。

ローカルにDB持ってきて置換することに

WordMoveでtheme, uploads, pluginsを、DBは、ssh -tでリモートでwp-cliでDBエクスポートして、scpでローカルに持ってきて、wp-cliのsearch-replaceで置換することにした 😀💡

これなら、ちょっと手間だけど、一発ならぬ二発で終わるw

sshは公開鍵でログインできるようにしておくのが前提。

ssh nickname -t "cd web/ && ~/bin/wp db export backup.sql" && scp Host:/path/to/wordpress/backup.sql . && cd wordpress && wp db import ../backup.sql &&  wp search-replace 'old(remote)' 'new(local)'

DBはこれでばっちし👌🏼
ほとんど使う機会ないんだけど、ロリポップもWordMove使えるとホント便利っすなーー 😀

ssh -t 便利

ローカルからリモートへssh接続後、任意のコマンドを実行したい時便利 😀

参考:SSH (1)

今回は、ヘテムルにあるWordPressのDBをエクスポートする。

ssh nickname -t "cd path/to/wordpress && ~/usr/local/bin/wp db export backup.sql"

こんな感じで行ける。
~/usr/local/bin/wpは適宜変更で 😀
scpとか合わせると、楽ちんだろうな。

hetemlのssh接続でパスワードなしでログインwp-cliも

パスワードなしでSSHログインする簡単な手順 – Qiitaより。
/home/sites/heteml/users/*/*/*/user/.ssh/authorized_keys を作る。
id_rsa.pubがある場合は特にssh-keygenしなくてOK。
んで、~/.ssh/configに以下を設定。

Host nickname
  HostName     sshxxx.heteml.jp
  User         username
  Port         2222
  IdentitiesOnly yes
  AddKeysToAgent yes
  UseKeychain yes

これで、ssh nicknameでばっちり 😀
macOS Sierraでは、AddKeyToAgentとUseKeychainの設定も必要っと。

GitLabでGit LFSその2 (SSH Authentication for LFS)

これは、GitLab Advent Calendar 2016 の12/19日の記事です。

GitLabはまだガンガン使っているわけではなく、昨年参加したGitLab勉強回でLFS(Large File Storage)以来ですが、

GitLab/GitLab.com 勉強会行ってきた

ssh認証使えるようになったよというアナウンスが出ていたので、試してみました。

SSH Authentication for LFS

Git LFSに関しては以下を参照してください。今回は、sshの部分のみです 😀

Using Git LFS

先ずはKeyの登録

SSH Keys · Profile Settings · GitLab

こちらでSSH Keyを登録します。Readme · Ssh · Help · GitLabを参照。
例えばMacの場合は、

Mac:

pbcopy < ~/.ssh/id_rsa.pub

といった感じで詳しく載ってます。次に、SSH Keysに貼り付けて Add KeyすればOK 😀

id_rsa.pubを貼り付ける
id_rsa.pubを貼り付けて Add KeyすればOK 😀

早速試してみる

テストリポジトリを作って、今回もPSDを使って試してみます。

ShuheinoMacBook-Pro:Desktop$ mkdir lfs-test-ssh &amp;&amp; cd $_
ShuheinoMacBook-Pro:lfs-test-ssh$ git init
Initialized empty Git repository in /Users/shuhei/Desktop/lfs-test-ssh/.git/
ShuheinoMacBook-Pro:lfs-test-ssh[master #]$ git remote add origin git@gitlab.com:marushu/ssh-authentication-for-lfs-test.git
ShuheinoMacBook-Pro:lfs-test-ssh[master #]$ git lfs init
WARNING: 'git lfs init' is deprecated. Use 'git lfs install' now.
Updated pre-push hook.
Git LFS initialized.
ShuheinoMacBook-Pro:lfs-test-ssh[master #]$ git lfs install
Updated pre-push hook.
Git LFS initialized.
ShuheinoMacBook-Pro:lfs-test-ssh[master #]$ git lfs track "*.psd"
Tracking *.psd
ShuheinoMacBook-Pro:lfs-test-ssh[master #]$ 

…git lfs initじゃねーよ、今は’git lfs install’だよって怒られてますね…😅
では次にPSDを追加します。

PSDを追加

確認してみます。

ShuheinoMacBook-Pro:lfs-test-ssh[master #]$ gs
On branch master

Initial commit

Untracked files:
  (use "git add <file>..." to include in what will be committed)

	.gitattributes
	hibou_logo_web_cut.psd

nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track)

hibou_logo_web_cut.psdと.gitattributesが追加されてます。では追加してpushします。

ShuheinoMacBook-Pro:lfs-test-ssh[master +]$ gs
On branch master

Initial commit

Changes to be committed:
  (use "git rm --cached <file>..." to unstage)

	new file:   .gitattributes
	new file:   hibou_logo_web_cut.psd

ShuheinoMacBook-Pro:lfs-test-ssh[master +]$ git commit -m 'add psd :)'
[master (root-commit) f668b4f] add psd 🙂
 2 files changed, 4 insertions(+)
 create mode 100644 .gitattributes
 create mode 100644 hibou_logo_web_cut.psd
ShuheinoMacBook-Pro:lfs-test-ssh[master]$ git push origin master 
Enter passphrase for key '/Users/ore/.ssh/id_rsa': 
Enter passphrase for key '/Users/ore/.ssh/id_rsa': 
Enter passphrase for key '/Users/ore/.ssh/id_rsa': 
Git LFS: (1 of 1 files) 159.15 KB / 159.15 KB                                  
Counting objects: 4, done.
Delta compression using up to 4 threads.
Compressing objects: 100% (3/3), done.
Writing objects: 100% (4/4), 412 bytes | 0 bytes/s, done.
Total 4 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To gitlab.com:marushu/ssh-authentication-for-lfs-test.git
 * [new branch]      master -> master

UsernameとPasswordを聞かれなくなってますね 😀
でも’Enter passphrase for key’がうるさいw

っとおもったら、ssh-addしていないことに気づきました ( ꒪⌓꒪)

ssh-add -K /Users/shuhei/.ssh/id_rsa

…クリーンインストール後の環境構築は自動化しないとあれこれ忘れててだめですね…😅

気を取り直してpsdを編集後、push。

gitShuheinoMacBook-Pro:lfs-test-ssh[master +]$ git commit -m 'add ss text'
[master 1bab8db] add ss text
 1 file changed, 2 insertions(+), 2 deletions(-)
ShuheinoMacBook-Pro:lfs-test-ssh[master]$ git push origin master 
Git LFS: (1 of 1 files, 1 skipped) 169.19 KB / 169.19 KB, 165.34 KB skipped                                  
Counting objects: 6, done.
Delta compression using up to 4 threads.
Compressing objects: 100% (6/6), done.
Writing objects: 100% (6/6), 676 bytes | 0 bytes/s, done.
Total 6 (delta 2), reused 0 (delta 0)
To gitlab.com:marushu/ssh-authentication-for-lfs-test.git
   d482ccb..1bab8db  master -> master

ばっちり 😀✨️
素敵です。

明日は、ijojiさんです〜😀

WD MY BOOK LIVE DUOにsshで接続

ssh接続設定

随分前に購入してたんだけど、あまり活用できていなかったNAS。
理由はやたらと遅いから…(^0^;)

しかし、ssh接続できることを知って、ちょっと期待しているところ。

/UI/ssh で設定ページあった。(今まで知らなかった。。)

MY BOOK LIVE DUOって、ssh設定あるでやんの

ssh接続設定
/UI/ssh で設定ページ開ける。。

知らなかったんすよね、コレ。

iMac Late 2009の写真appに家族の写真が2003年分からずっとストックしてあって、500GB越えしてるヤツをバックアップしようとして、2000日とか出てたので、諦めてたんだけど、rsyncだと転送速度がMB/s出てるみたいで、使えそうな予感 🙂

MB/sばっちり
rsync -avzr –progress –stats -e ssh /Users/marushu3/Pictures/NewNishimuraFamily.photoslibrary root@10.0.1.11:/shares/Public/fromiMacPicture/ イイかも ♡

iMacは今はほとんど使ってないので、家族写真だけバックアップ取って、クリーンインストールする予定。

まぁ、家族写真はFlickrに全てアップしてあるので、問題ないんだけどね (^^)。あ、、映像は上がってないのか。

今後は何かと使えそう

6TBで大容量なので、今後は何かと活躍してくれそう。
ちょっと古いかも知れないけど、個人で使う分には十分だ。

参考

Coda2でSFTP設定する時、秘密鍵を設定しても接続できないときの対処(暫定的?)

Coda2のサイト設定ウィンドウ

タイトル長いですが、まんまです。
Coda2でSFTPの設定をしたんですが、サイドバーではサーバのファイルが見れない状態になってしまい、あたふたしていたところ、解決法?というか、とりあえずな対処方記事を発見したので、メモです。Coda, Macのターミナルでは問題なくログインできてます ^^;

Make your SSH keys work in Coda 2 | Noscope

実際やってみた

上記エントリーは以下の通り。

  1. Set up your site as usual — enter username, servername and so on

  2. Click the key icon next to the password box to manually point to the id_rsa key-file (which I’d assume you’ve stored in ~/.ssh)

  3. Check the box “Ask each time”

  4. Save site, connect;  when asked, input SSH key password in the prompt

  5. Behold how it connects

  6. Disconnect, edit site, uncheck “Prompt everytime”

多分こんな感じ?

  1. 通常通りサイトの設定をする
  2. パスワードボックス隣の鍵アイコンから手動で秘密鍵ファイルを選択
  3. 都度尋ねるにチェックを入れる

    Coda2のサイト設定ウィンドウ
    都度尋ねるにチェックを入れる
  4. サイト設定を保存し、接続。SSH鍵のパスワードを入力するダイアログが開くので、パスワードを入力

    パスワードを入力ダイアログ
    毎回聞かれるてちょっと面倒だけど…^^;
  5. 接続したっしょ?
  6. 一旦接続を解除して「都度尋ねる」のチェックを外す

1〜5まではできたけど6はどうやってもできなかったので放置w
接続するとき毎回聞かれるけど、Codaで編集済みのファイルを常にチェックしてくれる方が楽ちんなのでそちらを優先。

git使えばこんなことで悩む必要ないのかなぁ…。今回はXserverだった。Xserverもwp-cliとかgitとか行けたらいいのになぁ…いけるんやろか。。

制作環境も早く変えていかないといかんなと思う今日この頃 ^^;

Codaのターミナルでは上記のような設定要りません。

~/ユーザー/.ssh/config(があればその設定)を見に行くようなので、特に上記の様な設定はなくともログインできます 😀

参考サイト(ありがとうございます!!)