【更新】【解決】AMIMOTOのLet’s Encryptを更新する(crontabでテストしてみる)

Let’s Encrypt 総合ポータル

Let’s Encrypt は、無料で利用できる自動化されていてオープンな認証局(CA)です。公共の利益を図る目的で Internet Security Research Group (ISRG) が運営しています。

Let’s Encrypt の概要 – Let’s Encrypt 総合ポータル

ということで、誰でも信頼された証明書を無料で取得できる大変ありがたい仕組み 😀

このブログも使ってhttps化させてるんだけど、期間が90日と短い。ってことで、ネットのあちこちに載ってた記事を参考にさせてもらってやってみることに。

テクニカルサポートFAQに掲載されてました

証明書を自動更新する設定 (オプション)

Let’s Encrypt は発行後90日で証明書の有効期限が切れるため、自動で証明書の更新を行うように設定をするとよいでしょう。

※ 毎週月曜日 AM1:00に letsencrypt renew を実行する場合

コマンド

# crontab -e

以下の2行をコピーして、[i] キーを押してから crontab -e で開いた画面へペーストしてください。

# Renewing Lets Encrypt certificate
0 1 * * 1 /opt/letsencrypt/bin/letsencrypt renew && /sbin/service nginx restart > /dev/null 2>&1

編集が終ったら [Esc] を押してください。その後、[Shift] キーを押しながら [z] を2回押して保存してください。
証明書の自動更新設定は以上です。

ってことで、

/opt/letsencrypt/bin/letsencrypt renew

とnginxの再起動を定期的に実行してくれる感じっすね 😀
良かったよかった。

メモ

インストール後

Your existing certificate has been successfully renewed, and the new certificate has been installed.
The new certificate covers the following domains: https://private.hibou-web.com  You should test your configuration at: https://www.ssllabs.com/ssltest/analyze.html?d=private.hibou-web.com 

IMPORTANT NOTES:

– Congratulations! Your certificate and chain have been saved at /etc/letsencrypt/live/private.hibou-web.com/fullchain.pem. Your cert will expire on 2017-02-26. To obtain a new or tweaked version of this certificate in the future, simply run certbot-auto again with the “certonly” option. To non-interactively renew *all* of your certificates, run “certbot-auto renew”

– If you like Certbot, please consider supporting our work by: Donating to ISRG / Let’s Encrypt:   https://letsencrypt.org/donate
Donating to EFF:https://eff.org/donate-le

「Let’s Encrypt クライアント」の名称は、「Certbot クライアント」に変更されました。

それに伴って、letsencrypt-autocertbot-auto になるなど、ファイル名・ディレクトリ名・コマンド名・URLなども変更されました。https://letsencrypt.jp/docs/using.html

ということで、certbot-autoに変わったみたい。
certbot-auto renewをcrontabにセットしておけばいいのかな?

とりあえず、明日の5時に動くようにしてテストしてみる。

Creating virtual environment…
Installing Python packages…
Installation succeeded.
Requesting root privileges to run certbot…
/home/ec2-user/.local/share/letsencrypt/bin/letsencrypt renew –debug
Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log

/var/log/letsencrypt/letsencrypt.logに残るぽいので、明日チェックだな。今日はここまで 😀

##

楽ちん過ぎて泣けるほどイケてるAMIMOTO

こんにちはAMIMOTO Advent Calendar 2015  18日目の記事です。

普段、仕事はもちろん、このブログもAMIMOTOを使ってます。いつもありがとうございます!!
既にこのAdvent Calendar 2015にもスゲーTipsがてんこ盛りですね 😀
早速載ってる記事を参考にあれこれやってみたいと思います。

このブログはセルフホスティングプランを使っています。サイト運営に集中される方はマネージドホスティングプラン が超絶オススメです。

さて今日はタイトル通り、俺的楽ちんポイントを2点紹介したいと思います。

楽ちんポイントその1 : wp-setup

AMIMOTOの大好きなコマンドは、wp-setupです。

AWS AMI Amimoto の wp-setup

↑↑でも書いたんですが、僕の直接のお客さんって、個人事業主さまや企業さまで比較的小規模なお客さまが多いんですよね。なので一つのインスタンスに複数サイトを置いていたりします。
レンタルサーバでも同じ事がコントロールパネルからできるんですが、AMIMOTOはwp-setupコマンド一発でできちゃいます!!
立ち上げるのにマウスでポチポチやってSFTPとかであれこれとか必要ないです。

AWSな話になりますが、Route53でワイルドカード仕込んでおけば、サブドメインでWordPressサイトを立ち上げるのに5分かかんないっす。

楽ちんポイントその2 : wp-cli

その1で書いた通り普通の共用と変わらない状態になってたりしますが、AMIMOTOにはデフォルトでwp-cliが入ってます。黒い画面から操作しますが、 コマンドはとてもシンプルで、「俺にもできたw」的なノリであれこれできちゃいます 😀

よく使うコマンドは、

  • wp plugin install xxxxxx –activate
  • wp plugin list
  • wp plugin status
  • wp core update
  • wp core update-db
  • wp scaffold xxx

などなどです。僕が使っているのはほんの一部ですが、それでも相当便利です。管理画面にログインするのが面倒になるくらい (^^)
wp plugin searchなんかも最近は使うようになってきました。最近はプラグイン作成に挑戦中なので scaffold plugin も!!

以上2点になりますが、これだけでもかなり時間短縮です。

楽ちんポイントではないですが…

楽ちんポイントではないですが、個人的にコマンドを覚えるようになったのも収穫です。

以前はターミナルで○○など見ただけで、「俺には必要ないな…」と拒絶反応出てたんですが、AMIMOTOハンズオンに参加したのを機に変わりました。
黒い画面でコマンドが全てで最高!! という思考にはまだまだ至りませんが、そういう世界が広大に広がっている事を知ることができたのもAMIMOTOのおかげっすね 😀

2016年一発目のAMIMOTOハンズオンは1月29日福岡で開催予定です!!
AMIMOTO知ってはいるけど、触ったこと無いって方、一度参加してみるといいですよ〜!!

もう他のツールが面倒になるくらい便利で楽ちんになると思います (^^)

それではよいAMIMOTOライフを!! 明日は @banjo さんです 😀

網元起動隊ハンズオン in 九州 熊本編 ~AWS網元で高速WordPress環境を手に入れよう~行ってきた

前日大分でのハンズオンに引き続き行って参りました!!

網元起動隊ハンズオン in 九州 熊本編 ~AWS網元で高速WordPress環境を手に入れよう~

大分でのハンズオン翌日、JAWS-UG大分の平野さんよつばデザインの後藤さんにお誘いいただいて、「とり天」をいただきました。大分と言えば「とり天」。初めてOSC大分に参加した際食べたのが印象に残っていて、今回リクエストしました 😀

とり天定食
大変おいしくいただきました。合掌。

これから先の話とか、4人で今後のことなど話しながらの昼メシも刺激を受けました。

一路熊本へ!!

大分 – 熊本間は車で移動です。僕のご老体(1991年式Golf カブリオレ)で、小賀さんは車内で作業w
あ、エアコンは高速走るとそこそこ効くことを確認しました。

強いチー……
強い……
この後酔ったらしいっす

会場着!!

会場は熊本城が目の前で、国際交流会館だからか、やたらと女子高生が多かったです。なんでだろ…関係あるんだろうか…

19時前にはほぼ皆さんそろわれて、スタート!!
先ずは小賀さんのご当地スライドから 😀

ハンズオンの流れ(おさらい)

  1. AWSコンパネよりEC2
  2. Launch Instance – AWS MarketplaceよりAMIMOTO AMI選択
  3. AMIMOTO AMI起動
  4. EIP付与
  5. Route53で独自ドメイン
  6. SFTP設定
  7. AMIサイズ変更
  8. バックアップ
  9. リストア
  10. Terminate(抹殺)

“Route53で独自ドメイン”はさらりと解説のみです。

そして、ハンズオン資料

※ 2014/07/18付で網元AMIでもt2.micro版へ移行しました。T2ファミリー対応網元AMI「WordPress powered by AMIMOTO (HVM)」をリリースしました! | 超高速 WordPress AMI 網元

これに伴い、今までご利用いただいたAmazon Linux版の網元AMIは「WordPress powered by AMIMOTO (PVM)」に名称を変更しております。
また、HVM版の網元では旧世代インスタンス(t1.micro および M1ファミリーなど)を選択出来なくなっております。

既にt1.microで起動しちゃったよ〜という方でt2.microへ引っ越したい方もご安心ください!! 移行法がバッチリ載ってます↓↓

AMIMOTO (PVM版)からAMIMOTO (HVM版)へのインスタンス移行方法 | 超高速 WordPress AMI 網元

ということで、今後新規で網元を起動するときはt2.microからとなります。バッキバキに早くなってますよ〜!! 岡本さんあざまーーっす!!

SFTP接続ではWordBench熊本の建山さんもフォローに回っていただいて、無事接続まで行くことができました。

ハンズオンに参加してとても良いなと思ったのは、Snapshots(バックアップ)やインスタンスのサイズ変更など実際運用になると途端に知りたくなるような内容を手を動かしながらできる事です。

AWSマネジメントコンソール遂に日本語化!!

AWS Summit Tokyo 2014で発表されていましたが、ハンズオンでも苦手という声を聞いていたマネジメントコンソールが日本語化されるそうです!!
まだプレビューの発表でしたが、苦手なイメージを持たれていた方も敷居が下がるのではないでしょうか (^^)

とても楽しみです 😀

そして熊本でも網元起動隊が続々と!!

そう、熊本の懇親会もアツかったです。何がアツイって火鍋…違うか。。参加された皆さんアツくてあっという間に時間は過ぎていきました (^^)


そうそう、今回から網元起動隊Tシャツは新色となっております (^^)
集え! 網元起動隊!! (^^)

集え! 網元起動隊!!そうしてまたまた熊本の夜は更けていくのでありました (^^)

今回網元ハンズオンに参加させていただいて

僕個人的な感想になりますが、大変勉強になりました。
やるのと説明するのとでは雲泥の差があって、作業を始める前に概要を説明してから進めることや、躓きやすい部分では少しスピードを落とす、参加されている方に進み具合を確認しながら進めるなどなど…。

考えればわかりそうなことも、実際説明を始め出すとそんなのどこかに飛んでってしまうんです (^0^;)
今回のことで鹿児島でも頻度上げて網元ハンズオンやっていこうと思いました。

最後に、建山さんをはじめWordBench熊本、JAWS-UG熊本の皆さん、参加された皆様本当にありがとうございました!!

また遊びいってもいいっすか 😀

 

 

エキストリーム網元起動隊 大分編行ってきた

※ 2014/07/18付で網元AMIでもt2.micro版へ移行しました。T2ファミリー対応網元AMI「WordPress powered by AMIMOTO (HVM)」をリリースしました! | 超高速 WordPress AMI 網元

これに伴い、今までご利用いただいたAmazon Linux版の網元AMIは「WordPress powered by AMIMOTO (PVM)」に名称を変更しております。
また、HVM版の網元では旧世代インスタンス(t1.micro および M1ファミリーなど)を選択出来なくなっております。

既にt1.microで起動しちゃったよ〜という方でt2.microへ引っ越したい方もご安心ください!! 移行法がバッチリ載ってます↓↓

AMIMOTO (PVM版)からAMIMOTO (HVM版)へのインスタンス移行方法 | 超高速 WordPress AMI 網元

ということで、今後新規で網元を起動するときはt2.microからとなります。バッキバキに早くなってますよ〜!! 岡本さんあざまーーっす!!

行ってきました!! 網元ハンズオンです。
今回は大分・熊本と連日開催でした。初日は大分!!

初心者でも安心!AWSにWordPressにぴったりな環境をつくるハンズオン 〜エキストリーム網元起動隊 大分編〜 – WordBench大分 | Doorkeeper

何故駅ストリーム網元起動隊かと言いますと、丁度台風が九州へ上陸するとかなんとか大騒ぎしていた日とバッチリ重なっていって、前日に中止のアナウンスが出ていたからです。台風 8号 – Google 検索

 

 

しかし、当日になって台風の進路や速度が変わって、どうやら台風の影響が出ない雰囲気に 😀
参加希望の皆さんへサイドアナウンスして、集まった方は15名!!予定があって参加できなかった方もいらっしゃいましたが、急遽開催は間違いありません、小賀さんも僕もスクランブル発進、参加者の皆さんもスクランブル集合ということで、エキストリーム網元起動隊ハンズオンとなったわけでした。

主催の渡邊さん相当大変だったと思います。本当にお疲れ様でしたっ!!

現地は既に晴れ 😀

小賀さんは新幹線に飛び乗って、僕は鹿児島からご老体に飛び乗って現地に着いてみると、既に晴れて気持ちの良い夕暮れでした。
もう網元ハンズオンのために晴れたに違いない…言い過ぎかな…(^0^;)

開始前には参加表明された皆さんほぼ全員集まっていよいよスタートです!!

ハンズオンの流れ(おさらい)

  1. AWSコンパネよりEC2
  2. Launch Instance – AWS MarketplaceよりAMIMOTO AMI選択
  3. AMIMOTO AMI起動
  4. EIP付与
  5. Route53で独自ドメイン
  6. SFTP設定
  7. AMIサイズ変更
  8. バックアップ
  9. リストア
  10. Terminate(抹殺)

慣れてしまえばあっという間の網元起動もAWSコンソールパネルの壁がやはり最初は立ちはだかるようで、順を追って進めるのってやはり良いですね (^^)

今回はSFTPで接続までやったので、まだコマンドに慣れない方でも普段の操作感でできるということを体感できたかと思います。

網元で作成したインスタンスに(S)FTPクライアントソフトで接続するには? | 超高速 WordPress AMI 網元

最後にはインスタンスをTerminateまでやって完了でした。今回使用したインスタンスはT1 Micro(t1.micro)でしたが、もうすぐT2 Micro(t2.micro)も使えるようになるそうです。楽しみですね〜 😀

資料あります!!

是非やってみてください!! 簡単で、早く、バックアップやリストアなども楽ちんです。

個人的にはWordPressのアップデート時にSnapshotsから一つAMIを立ち上げてアップデート確認し、OKであれば、そのSnapshotsから立ち上げたものを本番にしてしまうという運用方法が便利だと思いました。
これから僕もそのやり方で行こうと思います (^^)

懇親会で次々と起動隊が!!

僕個人的な感想ですが、ハンズオンの後の懇親会ってスゲー盛り上がる気がします。
今回は台風で大騒ぎしただけに更に盛り上がった感ありました。

そして、懇親会で次々と網元起動隊が (^^)

渡邊さんをはじめ、スタッフ、参加者の皆様、本当に楽しくアツい時間をありがとうございました!!

そして夜は更けていくのでありましたw

次回熊本編に続く!!

AWS EC2にt2.micro登場!! 網元(AMIMOTO)の元も!

EC2に新しいインスタンスが登場しました。

Amazon Web Services ブログ: 【AWS発表】バースト可能な性能を持つ新しい低コストEC2インスタンス

本日、Amazon EC2用の新しいT2インスタンスをローンチいたしました。 T2インスタンスは、CPUパワーのバーストから利益を得ることがができるアプリケーションのコストを劇的に削減します。 このインスタンスは3つのサイズ(microsmallmedium)が利用可能で、オンデマンド料金で、1時間$0.013(月あたり$9.50)からご利用いただけます。 2つのt2.microインスタンス(一方がLinuxでもう一方がWindows)をAWS無料利用枠を介して無料でアクセスすることができます。

t1.microが1時間$0.020なので、お安くなってますね!!
このサイトはAMIMOTOですが、t2.microはAmazon Linux( HVM版)なんだそうです。しかし、@wokamotoさんが、

ってツイートしたと思ったら、

ウホッ♡
ありがとうございます!!!!

と言うことで、早速確かめてみました。先ずはamimotoの元のトップページ

先ずはamimotoの元トップページ
先ずはamimotoの元トップページ

そして下層ページ

そして下層ページ。
冗談のように早いw

でもamimotoって元から爆速じゃん!! って思ったので、現在熟成中のサイトで確認してみました。環境はamimoto t1.microのブログです。

熟成中のブログ。。
えーっと、倍?否!! それ以上じゃねーーかっ!!

因みに熟成中のブログはほぼ空ですw

一目瞭然www
そして管理画面も同じくらい早かったっす 😀

いやぁ…t2.micro AMIMOTO楽しみです (^^)
正座して待ちます (^^)。

JAWS-UG和歌山へ行ってきた!!

JAWS-UG和歌山キックオフ!!

JAWS-UG和歌山。キックオフミーティングをfacebookで知ってしまったので、参加してきました!!

折しもド年末…(^0^;)
スッキリ仕事を片付けて臨みたかったのですが、道中仕事は続ける事になっちゃいました。。ゆっくり呑みたかったなぁ…(^0^;)

さて、本題。タイムテーブルはこちら
会場は和歌山県立情報交流センターBig・U。素晴らしい環境で、海を臨む高台にあって、静かで、Wi-Fi、電源はもちろんカフェなどもあり、最高の環境でした (^^)。

意外?と言ったら言い過ぎかも知れませんが、スピーカーの方以外はほとんど地元の方でした!! きっとこれからも賑わっていくんだろうなぁ… 😀

先ずは発起人の宮内さんの挨拶でスタート!!
宮内さんの挨拶でスタート!!とりまとめ大変お疲れ様でした!!

スピーカーと公開資料(ありがとうございます!!)

どのプレゼンもとても濃い内容でした!! 中でも関さんのオープンデータを使った、ギークによるオープンガバメントの推進 Jaws-ug和歌山は全く知らない世界の話で、凄いインパクトでした。もっと知りたい (^^)

聴くのに集中し過ぎて、写真はあまり撮れてませんが、スナップを。

IMG_5235

_MG_8711

IMG_5240

IMG_5245

IMG_5246

懇親会:地元ビールがおいしかった (^^)

懇親会:地元ビールがおいしかった (^^)

 

懇親会まであっという間で、久しぶりに充実した一日となりました。準備されたスタッフの皆様、取り纏めされた宮内さん、本当にお疲れ様でした!! ありがとうございました 😀

懇親会で今後の僕の在り方?みたいなものも見えまして、これからも楽しんで行きます 😀

【WordPress特別セミナー】StaticPress × S3 × Vagrant 勉強会行ってきた From the Dark Side 告知付き

【WordPress特別セミナー】StaticPress × S3 × Vagrant 勉強会

個人的に最近ど真ん中(知りたい)勉強会が開催されるということで楽しみにしていました。

様々な機関へ稟議を通し、時にはプレゼンし、時には…(ry
WordPress+StaticPress+S3+Vagrantと、つい最近AWSを使い始め、WordPressが大好きな僕としては全く見逃せない勉強会でした (^^) 結果、大満足な勉強会でした。ありがとうございました!!

会場

グラントウキョウサウスタワー41F アカデミーホール (東京都千代田区丸の内1-9-2)

会場からの眺め。
都おそるべし (^^;

タイムテーブル

  • はじめに 川井健史@siroi_mogutan
  • 第1部 WordPressサイトを長期的にメンテナンスするために 高野直子さん@naokomc
  • 第2部 Amazon S3でWordPressを動かす 増井雄一郎さん@masuidrive
  • 第3部 現場視点で語るStaticPress開発の背景と事例
    小賀浩通さん@digitalcube岡本渉さん@wokamoto
  • 第4部 Amazon S3による静的Webサイトホスティング 堀内康弘さん@horiuchi
  • 第5部 仮想マシンざっくり解説と実践Vagrant 澤登亨彦さん@sawanoboly
  • さいごに Web CAT Studio 長尾悠さん@WebCATStudio

当日資料

ATNDページにリンクがまとまって載っています。イベント後のこういったまとめってありがたいです。勉強になるなぁ。

本日の講演スライド公開中!

  • 第1部 WordPressサイトを長期的にメンテナンスするために
    3.x系ならば安全ではなく、最新版のみが安全に利用できる、が印象的でした。仕事で保守を頂けている場合は必ず対応していますが、構築だけな場合だと、作って渡して終わり。。という場合もあったので、今後、自動更新になればそういった面も良くなるのでは?(なったらいいなぁ)。→ スライドへ

  • 第2部 Amazon S3でWordPressを動かす
    S3へ静的に書き出して運用するということで、落ちない、不正アクセスの心配が無いなど魅力的な面もありますが、コメント、お問合せ、テーマ切り替え(モバイル)などデメリットもあるので、使い分けが必要。→ スライドへ

  • 第3部 現場視点で語るStaticPress開発の背景と事例-1
    StaticPressの開発元、デジタルキューブの組長の話。StaticPressが生まれた背景などや今後の展望など知ることがでた。バケツ1個のスライドはスゲー笑えた (^^)。WordPressを100%活かすのであれば本来の使い方。利用環境に合わせて柔軟にという点にはとても共感。→ スライドへ

  • 第3部 現場視点で語るStaticPress開発の背景と事例-2
    公開サーバは静的HTMLのみ、公開前に承認フローが必要な要件の中から生まれたのだそう。それにしても、ミーティング中にできたのは驚愕!!  今後も進化を続けるようなので、要チェック (^^) → スライドへ

  • 第4部 Amazon S3による静的Webサイトホスティング
    S3の設定方法を順を追って詳しく解説。redirectなども設定可能。案件次第だけど、自分の仕事でも活用範囲は広がると感じた。 → スライドへ

  • 第5部 仮想マシンざっくり解説と実践Vagrant
    仮想環境をとても分かりやすく解説。ぼんやりしていた所も大変よく理解できた。Vagrantは引き続き触って試していきたい。鴨のように見え、鴨のように泳ぎ、(ry  → スライドへ

  • 番外「StaticPress × S3 × Vagrant 勉強会」あっという間の企画会議
    今回の勉強会開催が如何にスピーディーに決まったか!! はとても勉強になった。また、イベントごのフォローアップも参加した人の立場に立っていらっしゃると感じ、これもまた自分の今後に活かしていきたい。 → スライドへ

以上、あっという間の一日でした。どうしてこの勉強会に参加したいと思ったかと言いますと、

発端は、Vagrantです

ネットでやたらと見かけるなと思っていたら、ドットインストールのレッスンに追加され、レッスンを進めながらローカルの仮想環境にサーバを立ち上げました。
その時は、ピンと来るわけもなく、「サーバを起動して終了して、壊す。これでどうして巷は賑わってるんだろう?」と思っていました。

僕は普段、MAMPでWordPressのテーマを作り本番サーバへ公開していまして、このフローで特に困っているわけでもなくお仕事も比較的スムーズにできていたからです。そうはいながら最近MAMPが重く、時には起動に失敗することも出てきていました。どうにかならないかなぁと思いながら、ふと、「Vagrantだと同じ事できるな。」と思い始めました。ええ、気づくのが遅いんです…(^^; でも気づいたんです。

仮想環境(個別)上で開発すると、本番環境に非常に楽に公開できる

というか、MAMPより遙かに楽に準備でてしまう。と急におもしろくなってきまして、ネットを漁っていたら今回のイベントを見つけたというわけです。
冒頭にも書きましたが、参加できて本当に良かったです (^^)。

【告知】WordPress + Vagrant + Chef + その他てんこ盛りなセミナーを鹿児島で開催します!!

来る11/23(土)、
WordVolcano(番外編)From the Dark Side
と称してセミナーを開催いたします。※ ATNDサイトは投稿時点で落ちているようです…(^^; しばらく経ってからアクセスして見てください。

登壇者は、デジタルキューブの小賀浩通さん(@digitalcube)、岡本渉さん(@wokamoto)、宮内隆行さん(@miya0001)です。

  • ローカル環境をもっと楽にしたい
  • セキュアに運用したい
  • 開発の精度、スピードを上げて浮いた時間をコンテンツ充実に持って行きたい
  • デザイナーだけど、素早く、迷わずサイトを立ち上げたい

などなど、WordPressの開発環境をもっと楽しく、楽に、安全にとお考えの方は是非ご参加ください!! 今後の制作環境が大きく変わるきっかけになるのではと思います (^^)。

イベントサイトを見てみる

ねっこ君がわりと好きです。言ってみただけです。

AWS AMI Amimoto の wp-setup

wp-setupがすごい!!

超高速 WordPress AMI 網元へ引っ越した | 自然体 の続きです。

実はAWS 網元(Amimoto)へ移行してみて一番感動したのは、SSHでアクセスしてからでした。

網元のインスタンスに SSH 接続する – 超高速 WordPress AMI 網元 より、インスタンスにSSHで接続するには、 “AWS AMI Amimoto の wp-setup”の続きを読む

超高速 WordPress AMI 網元へ引っ越した

AWSAmimoto.AMI

AWSが一体どんなものか?を知ったのはWordVolcanoの時。
あれから早1年、正確には1年3ヶ月…(^0^;)
ようやくこのブログを引っ越しました!!

お世話になった記事

こちらの3つの記事に大変お世話になりました。ありがとうございます!! “超高速 WordPress AMI 網元へ引っ越した”の続きを読む